ED治療薬バイアグラ通販|効果・飲み方・副作用

バイアグラは元々は狭心症の薬として、1990年にアメリカで研究開発されました。そのバイアグラの臨床試験をしていたのですが、あまり狭心症には効果がない事がわかり、臨床者より残った薬の回収を行ったのですが、皆返却したがらないので、理由を尋ねたところ勃起の効果があることが分かり、その後ED治療薬として、発売することになりました。

ED治療薬バイアグラの効果
勃起は、実は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなるのです。早漏
陰茎に性的刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が形成されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、それに伴い普段は閉められている血管が緩むことで、陰茎海綿体に血液が流れ込み、陰茎内の圧力が上昇し勃起に至るというワケですね。
バイアグラが勃起にどう作用するのかというと、この環状グアノシン一リン酸という物質の働きに大きく関係しているのです。
環状グアノシン一リン酸は勃起のために欠かせない物質ですが、実は、体内にある5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります。
他のED治療薬に比べて、効果の出方が大きいので、初めから100mgを飲むのではなく、まずは50mgで試してみてから、その様子で増量するのかを決めるといいと思います。勃起不全

>>女性用媚薬

ED治療薬バイアグラの飲み方
バイアグラは他のED治療薬に比べて、勃起の強さが高い事で有名で、それが好みでバイアグラを使用したがる人が沢山います。バイアグラは、ED治療薬の中では、粗悪だが強さのある暴れ馬みたいな感覚の薬です。
バイアグラを服用の際には、以下で挙げる項目を配慮してください。
・食事前に服用することをお勧めします。
バイアグラは食事に影響を受けやすいお薬ですので、食後すぐなどの食べ物の消化が進んでいない状態でバイアグラを服用しても、十分な効果が得られない場合があります。
バイアグラは服用してから30分ぐらいでお薬が体にいきわたり、効果があらわれ始めます。5時間~6時間の持続効果がありますので、食前にあらかじめ服用することも可能です。
・お酒を大量に摂取しての服用はおやめください。
アルコールを飲みすぎると、お薬の効果が発揮されない場合があります。効果が発揮されないばかりか、倒れてしまう危険性を伴います。なお、適量のアルコール摂取には、リラックス効果により、お薬の効き目を促進する働きがありますので問題ありません。
・バイアグラには性的興奮を促す作用等はありません。外部からの性的な刺激により、勃起をしやすくするためのお薬だととらえてください。
・バイアグラは、重大な副作用の危険が少なく安全なお薬ですが、併用禁忌薬などを使用している場合は服用することができません。 硝酸剤などを服用している場合、バイアグラと併用すると重大な副作用を及ぼす危険性がありますので、絶対におやめください。 ご自身が何かしらのお薬を服用している場合、医師に必ずお薬の名称をお伝えください。

ED治療薬バイアグラの副作用
治療薬とはそもそも強い薬で、副作用と天秤にかけて、治る確率が副作用よりもずっと優れていれば、薬として承認されます。
バイアグラの副作用は主に「顔のほてり」と「目の充血」です。これは服用者の約9割が体験する副作用で、バイアグラの効果の表れといってもいいくらいの症状ですね。また、他には「頭痛」や「動悸」、「鼻づまり」といった副作用の症状を発症してしまう人も多いようです。
上記のような症状は、お薬の効果の効き始めに起こることが多く、効果が出始めている合図ととらえていただいて問題ありません。
実際にこれらの症状は上記のパーセンテージよりも多く現れるので、不安を感じられる方もいらっしゃいます。特に血管拡張などの症状はよく現れます。 ですが、きちんとした医療機関で処方されたバイアグラを、医師の指示の元注意事項を守って服用すれば、命にかかわるような重大な副作用が起こることはございませんので、ご安心ください。

■バイアグラと同等の効果効能の医薬品

レビトラ

シアリス

精力剤